要望GO

要望GO

元SEがポケモンGO運営に思うこと

必ずキラポケモンが確定する条件追加!日本と本家で告知内容に食い違いも【ポケモンGO】

スポンサーリンク

フレンド機能のアップデート、また来ました☆

今回はキラポケモン確定条件の追加です。

やり方によってはキラが確定するのでぜひ理解しておきたいところなのですが、PokemonGOJapanと本家のツイート内容が少し違っています。

内容としては本家が正しいはずですし、早速交換しているトレーナーの状況を見るとその解釈で良さそうです。

ただ発表されたばかりで確定しないので様子を見たほうがいいでしょう。

それでは今回の内容を詳しく見てみましょう。

2018年12月追記:コミュニティデイのキラ率は高いような感触です。

pokego-request.hatenablog.com

 

キラポケモン追加条件の発表内容:PokemonGOJapan

ツイッター:

f:id:level999:20180906100900j:plain

 

アプリ内ニュース:

f:id:level999:20180906101229j:plain

公式ページ:

キラポケモンがもっと手に入りやすくなります! - Pokémon GO

 

条件としてまとめると

  1. 2018年9月6日早朝開始
  2. 2016年7月〜8月の間に捕まえたポケモンがキラ確定
  3. 10匹未満のトレーナー同士のポケモン交換限定(ツイッター・公式ページ)
  4. 10匹以下のトレーナー同士のポケモン交換限定(アプリニュース)

このようになっています。

すでに情報が2つありますね(笑)

ニュース側を修正するかな?

古株には何の恩恵もない条件追加?

つまり、この条件ではキラポケモン実装時にプレイしているトレーナーのほとんどは恩恵を受けないことになります。

キラにしようとたくさん交換したためにアナウンスのあったとおり古いポケモンをすでに交換に使っていますし、キラ図鑑を埋めようと10匹以上のキラポケモンを持っていたりするからです。

復帰勢には理解出来ないキラポケモンシステム

また、このポケモン交換を始めとするフレンド機能は現在プレイしていない人には全く理解できない内容です。

ましてやキラ率の変更なんて意味がわかるはずもありません。

このJapanのアナウンスどおりですと、復帰勢同士がポケモン交換すればキラが10匹確定するようなことに思えます。

どうしてそんなアップデートをするのか疑問ですし、既存のトレーナーは怒り爆発なのも仕方がありません。

キラポケモン追加条件の発表内容:PokemonGO本家

しかし、本家でのアナウンスは少し違っています。

この大事な条件の部分がです。

f:id:level999:20180906113233p:plain

まず、「either Trainer..」とありますので「どちらかのトレーナーが」と解釈できます。

さらに「fewer than 10 Lucky Pokemon」とありますので「10未満(10を含まない)のキラポケモン」と解釈出来ます。

つまり、これをまとめると

  1. 9匹以下のキラポケモンを持っているトレーナーが対象
  2. 交換するトレーナーのどちらかが上記条件を満たせばOK

このようになります。

さらにスマホを英語にし、アプリ内ニュースを読んでみましょう

キラポケモン追加条件の発表内容:英語版アプリ内ニュース

f:id:level999:20180906121719j:plain

「あなたが10未満のキラポケモンしか持っていなければ・・」となっていますので特に交換するトレーナー同士という条件は見当たりません。

ただ片方でもいいとも書いていませんので中途半端なアナウンスになっていますね^^;

英語版ニュースの読み方についてはこちらの記事もご参照ください。

pokego-request.hatenablog.com

復帰勢トレーナー獲得施策としても本家のアナウンスが正しい

これは本家が正しいでしょうね。

日本語版はよく翻訳が間違うことがありますし、どちらも10キラ未満というのは復帰勢にも古株にもあまりありがたくない条件です。

キラポケモン実装時の「古株が復帰ユーザーを掘り起こす」というビジネス上のメリットを考えれば以下の解釈でいいと思います。

  • 2018年9月6日早朝開始
  • 2016年7月〜8月の間に捕まえたポケモンをどちらかが交換すれば双方にキラ確定
  • 10匹未満のトレーナーが片方に居ればよい

こうでしょうね。

これで古株トレーナーも復帰勢を見つければ10匹までは確実にキラポケモンをそろえることが出来るということになります。

検証ではどちらかのトレーナーが両方の条件を満たす必要があるという情報も

あとはレアケースでしょうが、古いポケモンを出す側のトレーナーが10匹以上のキラポケモンを持っているとどうなるかですね。

これはアナウンスから読み解くのは難しいのですが、多くの人が検証しているのを見ると2016年7月〜8月のポケモンを交換に出すトレーナーが、10匹未満のキラポケモンという両方の条件を満たしていないと失敗しているようです。

復帰勢を見つけてキラポケモン図鑑をコンプリートしよう!

この条件追加により、古株トレーナーのやることはひとつ。

「欲しいポケモンあげるからそのポケモンちょうだい」

と声をかけてリタイヤ組を復帰させることです☆

あなたは確実にキラポケモンが手に入りますし、相手は見たこともないたくさんのポケモンが手に入る上、キラポケモンになるのでほしのすなが少なくても強化可能です。

ただ持っていないポケモンを交換するのには星の砂が大量に必要ですので、フレンドの親密度を上げる必要があるかもしれません。

それはそれで一緒にプレイするというナイアンティックの思惑に乗っかってあげることになるでしょうw

まあ、復帰勢は強化とかもしてなかったりするので意外とほしのすなを持ってますけどね。

キラポケモンは80%以上の高個体値確定

実はさらにありがたい変更点があります。

さきほどの公式HPを見ると、

f:id:level999:20180906123843p:plain

「従来にも増して強くなるようです」との表現が。

解析によると80%以上の個体値(12−12−12)以上のステータスが確定するようです。

 復帰勢からのカントーポケモンしか2018年7月8月の条件を満たさないとはいえ、これは古株トレーナーにとっても大歓迎の変更ですね。

フシギダネやワンリキー、コイキング、イーブイなど、それなりに捕まえている可能性があって80%以上が確定でかつ強化のすな半分というのはワクワクします。

 

しかしまあ、どんどんフレンド機能に手を入れていきますね。

フレンドゲーになりつつある・・・^^;

そして知らず知らず、複垢が無意味になっていく。
今回のキラポケモン確定は昔のアカウントがなければ意味ないですからね。

他にどんなことを考えているのかな?複垢対策。

また何か新しい情報あったら追記します。

 

それでは。

スポンサーリンク